映画「御手洗薫の愛と死」公式サイト

フジテレビの人気テレビドラマ『ナースのお仕事』シリーズを生み、2009年には劇場用映画『ベイビィ・ベイビィ・ベイビィ』(東映系公開)を世に送り出した制作会社ダブルスが次に手がけるのは、一人の女流小説家と若き男性作家の愛憎を縦軸に、女の生き方、男の成長、人生における仕事の持つ意味、などを問いかける問題作『御手洗薫の愛と死』である。

脚本と監督は、『ナースのお仕事』『お金がない!』『味いちもんめ』などの人気テレビドラマを手がけ、『キープ・オン・ロッキン』『ディア・フレンズ』『ベイビィ・ベイビィ・ベイビィ』などの劇場用映画を世に送り出した両沢和幸。
プロデューサーは『ナースのお仕事』シリーズや『ベイビィ・ベイビィ・ベイビィ』などを通じ、現代女性の生き方を問いかけ続ける大賀文子。

主役の御手洗薫役には『ナースのお仕事』や『金八先生』シリーズなどで、幅広くお茶の間に顔を知られる一方、大島渚監督作品『愛の亡霊』などで、その大胆かつ繊細な演技が世界的にも評価された吉行和子。
御手洗薫と奇妙な縁で結ばれ、薫に自分の小説のゴーストライターとなる様に迫る野心溢れる新進作家神崎龍平役には、ロックバンドSOPHIAのヴォーカルとして絶大な人気を誇り、TVドラマ「人にやさしく」(フジテレビ)をはじめ、OV「仮面ライダー エターナル」(東映ビデオ)に主演。舞台・ミュージカル界でも活躍するなど、その演技力が高く評価されるアーティスト松岡充。
二人を支えるキャスト陣に、実力派の益岡徹、松重豊、小島聖などを迎え、役者たちの演技がぶつかり合う、
濃密な人間ドラマが繰り広げられる。