映画「御手洗薫の愛と死」公式サイト

著名な小説家の御手洗薫は、パーティーの帰りに車で一人の女性を跳ねてしまう。被害者の息子であり自らも小説家だという神崎龍平は、事故を表沙汰にしたくない薫に対し、自分のために小説を書くように脅迫する。
「あなた、それでも小説家のはしくれなの!」と激怒する御手洗だが、結局龍平の要求をのみ、彼のゴーストライターとなる。
脅迫から始まった二人の関係だが、やがて互いに対する親愛の情が湧いてくる。それは師弟愛でもあり異性愛でもある、不思議な関係であった。
富と名声を手に入れた龍平の前に若く美しい編集者桂木百合子が現れると、薫と龍平の関係は悲劇的な色彩を帯びてくる。そして自分の死を意識し始めた薫は、人生最後の賭に出るのであった。